Good Job!

  -スポーツ少年団・中学生 バレー部の活動記録です-

イメージを持つ

バレーボール 2011/0924 Sat 23:02:57
中学の練習試合を半日で失礼して交流会(練習試合)の行なわれている長良小へと足を運びました。

長良さん・城西さん・芥見東さん・華陽さん・常磐・BBAの6チームの参加です。どのチームもレベルアップをしており秋の大会に備えている様子が伺えました。

ここのところ子どもたちに言っていることは「イメージを持つ」ということです。
例えば「19対18」の時・・・、ただ単に1点を取りたいという気持ちではなく、相手サーブを想定しレシーブ・トス・アタックをできるだけ具体的にイメージして、言ってみれば「心の準備をしておく」ことの重要性を説いています。

どんなスポーツでも、特に小中学生において、失敗の原因は「準備不足」にあるはずです。
サーブレシーブが上手くできないのは技術不足というよりはむしろ準備不足・・・、それは精神的なものであったりステップや構えだったりしますが、こういったものが足りない・できていないという要因が大きいのではないでしょうか?(もちろん、そういった要因を「技術」と解する方もいらっしゃいます)

逆の表現をすれば準備さえできていれば何とかなるのかもしれません。

そして、こういった話を子どもたちにできるということはある程度のレベルまで上がってきたということの証であるとも解釈して下さい。
直近の目標はローターリーカップ決勝大会ですが、残された時間の中で十分な「準備」をしていきたいと思っています。

関係者の皆さん、お疲れさまでした。
そして、チームに、私の痛風にたくさんのアドバイスをいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

「ビールを飲んでも大丈夫」な無理のない痛風克服方法 痛風は、正しい解消法の知識を身に着け、日々の生活の中で改善方法を実践し続けていくことで克服できるのです。ぜひ、貴方もこのレポートを利用して無理なく痛風を克服してください。  [続きを読む]

痛風を最短で解消するレポート 2011/09/26/Mon 22:32